表情筋もしわ・たるみの原因の一つ

しわやたるみが出来る原因に表情筋が大きく影響しているのを皆さんご存知でしたか?
そこで、表情筋が原因となるしわ・たるみについてご紹介していきたいと思います。

表情筋の動きを緩和する

まだ若い頃って笑いじわって直ぐに消えてしまいますが、加齢によりコラーゲンが減少した事により表情で出来たしわは深々とついてしまい戻らなくなってしまいます。
スキンケアでも大事ではありますが、もっと効果が早いのはボトックス。
ボトックス注射を表情筋に注射すると筋肉を弛緩させ、筋肉の動きを緩和させる事でしわを未然に防ぐ事が出来るのです。

しわ・たるみの原因について

喫煙

喫煙する事によりビタミンCが破壊されますし、身体中に活性酸素が充満してしまいますので、酸化された細胞が老化を更に進めてしまいます。
またコラーゲンを分解する酵素コラゲナーゼの動きも活発になりしわが多くなってしまうのです。

睡眠不足

睡眠不足の状態ではお肌がターンオーバーする為の成長ホルモンの分泌を邪魔してしまい新たな細胞を作る事を妨げてしまうのです。
睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯は22時〜2時と言われ、成長ホルモン分泌が多く起こる時間帯なのです。

偏食

ダイエットによる偏食はしわやたるみを作る原因になってしまいます。
コラーゲンはアミノ酸から作られていますし、タンパク質・ビタミン・ミネラル・鉄はお肌の老化を進行させるのを防いでくれます。
食事制限を行う場合には、きちんとした知識を持って行わなければいけません。

まとめ

いかがでしたか?
表情筋としわ・たるみの関係性について紹介してきましたが、コラーゲンの存在はしわ・たるみにはかかせない成分という事がご理解頂けたと思います。
その為には食生活や日々の生活習慣がポイントとなるんですね。
そういうのが苦手という方にはやはりボトック注射が良いかもしれませんが、健康的にキレイになりたいのなら、日々の生活を見直す事も良い事かもしれませんね!

目尻のしわを生み出す絶対危険なNG習慣とは?

どれだけ年齢が若くても目もとにしわがあるとなんだか疲れて老けた印象になります。しかし年齢を重ねても目の下がスッキリとして目元がきれいな人は若々しく美しいですよね。
目元のしわは人のに与える印象をガラッと変えてしまうもの。しかも一度深く刻まれてしまうとなかなか消すことは難しいです。ここでは改善のための治療ができなくなるような深刻な状態にならないため、絶対にやってはいけないNG習慣を紹介します。

力任せのゴシゴシスキンケア

毎日の汚れをきれいに落とそうと必死になるばかり、クレンジングや洗顔をゴシゴシと力を入れてやっていませんか?目元の皮膚は体の中でも特に薄くて敏感なので少しの刺激でもダメージとして蓄積されます。この小さなダメージが原因となりしわが生まれるのです。
ですからなるべくウォータープルーフの持ちが強力なコスメよりはお湯で落とせるような薄いアイメイクがオススメ。もし濃いアイメイクを落とすなら専用のアイメイクリムーバーをコットンにたっぷりつけて目の上にしばらく置いてなじませた後に優しくふき取るようにしましょう。
そして洗顔は泡立て用ネットを使ってしっかりと泡を立てて薬指と小指を使って洗うようにしましょう。
また洗顔後にタオルで顔を拭くときも優しく肌にタオルを顔に乗せるようにして水気を取ってください。

一日中エアコンのきいた部屋にいる

部屋の湿度管理はしわ予防でもとっても大事なことです。一日中オフィスでエアコンに当たりっぱなしという人はぜひ対策をしてください。例えば観葉植物をデスクの上に置くだけでもいいですし、マグカップにお湯を置くだけでも湿度を上げることは可能です。湿度は絶対に30%を切らないように注意してください。

しわ・たるみの原因を詳しく理解しよう

加齢により、しわやたるみが出来てしまうのは既に理解されたと思いますが、それ以外の原因について詳しくご説明していきたいと思います。

紫外線

紫外線=シミとイメージしている人が少なくないと思うのですが、実は紫外線は光老化を起こす事でしわやたるみの原因になるのです。
お肌の中でも顔は他の部位より露出している時間が長いので、その分紫外線からのダメージを受けているのです。
この紫外線が真皮層まで浸透してしまうと、コラーゲン等の繊維成分を壊し、構造そのものにダメージを与えるのです。
お肌は加齢が進むと新たに線維を生産する力が落ちてくるので、ダメージを受けた線維が蓄積され、それがしわやたるみになってしまいます。
また、紫外線の中のUVAはガラスを通り抜ける性質もあるので、曇りの日でも自宅にいても紫外線からのダメージを受けない様にする事が大事なのです。

乾燥・水分不足

続いて、しわ・たるみには乾燥や水分不足も大きく影響しています。
真皮層の上にある表皮は厚みが0.02mm、約30%が水分で構築されています。
この表皮は言わば保湿を行っている大事な部分となり、お肌が滑らかになったり潤いを保つ場所で、角質層から水分が蒸発するのを防ぐ役割を果たしています。
けれど、加齢やストレス等が原因となり天然保湿成分を衰えさせ段々とお肌が乾燥しやすくなってくるのです。
乾燥してしまうと角質層の表面が壊れやすくなり隙間が出来てしまいます。
この隙間のせいでそこから水分が蒸発し更に表皮は乾燥が悪化し、お肌が薄くなり潤いもなくなり亀裂が入りそれがしわを作りだしています。
お肌を保湿する為には蒸発する水分をスキンケアしてあげる事が必須となります。
間違ったスキンケア方法をしたりお肌に合わない製品を使用すれば逆効果になるので、製品選びは刺激が少なく効果が期待出来そうなものを選ぶ事がポイントとなりますよ。